シッポとヒゲ

エントリー

本日、980g

  • 2017/10/22 11:21
  • カテゴリー:

ゆう、本日の体重980g。

1回目の3種混合ワクチンを接種しました。

明日は、家で駆虫剤を首の後ろにつける予定(できるのか?)

 

病院では、「借りてきた猫」状態で

『おとなしい』と言われますが

帰宅すると、かぶっていた(?)猫をかなぐり捨てます (笑)

親ばか

  • 2017/10/19 13:31
  • カテゴリー:

「猫用こたつ」です。

いや、電源はないので

暖房の役には立ちませんが

かくれんぼに使えると、いいなー。

はい、すでに、親ばか(ねこばか?)です。

『ゆう』です

  • 2017/10/15 07:44
  • カテゴリー:

ちび猫、名前がつきました。

『ゆう』です。

しっかり食べて

しっかり眠って

自由に、たくさん遊べる仔に育ってね。

わかった、かもしれない

  • 2017/10/11 08:24
  • カテゴリー:

あれこれと試行錯誤して

ちび猫の下痢の原因が、わかった…ように思います。

ラクトース不耐性か、と。

先天的なものなのか――

後天的なものなのか――

どちらかは、わかりませんが

哺乳類のミルクには、ラクトースが含まれているんですよね?

ちびさんは、ずーーーっと、下痢に悩まされて

栄養も充分には摂れていなかったのかな~。

しんどい思いをしてきたんだね。

 

動物病院で初乳の成分が含まれたサプリを出していただきましたが

現状、ちびには、無理のようです。

ラクトース不耐性が後天的なものだったなら

小腸の機能が回復すれば、使えるかな?

免疫力アップのためには、使えるといいんですけど、ね。

人懐こい

  • 2017/10/09 20:48
  • カテゴリー:

ちび猫、人懐こいです。

母親猫は、たぶん飼い猫だったんだろうな…と想像できます。

 

ちび猫、時々、手足がうまく動かなくなります。

手足をピンと突っ張ったまま、硬直したり…

妙な方向に曲がったままになってしまったり…

しばらくすると、また、動くようになるんですけど、ね。

これが原因で、捨てられちゃったのかな?と想像します。

トイレで用を足している時に、こうなってしまうと、自分の排泄物の上に転倒します。

 

階段などで、手足がうまく動かなくなると、転落の危険があるので

手足のトレーニングやマッサージなどで、なんとかなるといいのですが。

はじめての爪とぎ

  • 2017/10/07 22:33
  • カテゴリー:

ちび猫、はじめて(かもしれない)の爪とぎです。

爪とぎ板を見ても、理解できない様子でしたが

ちょっぴり「またたび」をつけたところ

大喜びで、使いました。

爪をといでいるのか、爪とぎ板の上で転んでいるのか

なかなか判断に苦しむような使い方ですが

まあ、足を踏ん張る練習にはなったようです。

 

基本的な体力がないので、ほんの少し、頑張ると

疲労困憊した様子。

自分で寝床に戻って、丸くなりました。

体力がつくまでには、まだ時間がかかりそうです。

一気に冷え込んで

  • 2017/10/06 16:28
  • カテゴリー:

一気に冷え込んできました。

もしかして――

ちび猫は、低体温気味か??

 

この前、動物病院で診察してもらった際には

歯ぐきが、白い……とのこと。

帰宅して伸びている爪を切ろうとするも、血流が見えず、全体が白い。

耳も、いまいち、体温が感じられない…

という子なので

寒さは、骨身(まだまだ骨と皮)に堪えるだろう。

ということで

使い捨てのミニ懐炉をタオルでぐるぐる巻きにして

寝床の下に入れました。

低温やけどにならぬよう、注意せねば。

栄養状態が良くないと、低温やけどになりやすんですよね?

男の子でした

  • 2017/10/03 15:38
  • カテゴリー:

猫の今日の体重 740グラム。

まだまだ、軽いです。小さいです。細いです――哀しいくらいに。

性別――男の子でした。

 

女の子かな??と思っていたのですが…。

いや、男の子でも女の子でも

元気になってくれれば、それでいいです。

 

男の子だとわかったので

名前を考えないと、ね。

(女の子だったら、名前の候補があったんです~~)

お腹 なかなか

  • 2017/10/03 15:04
  • カテゴリー:

ちび猫のお腹具合は、なかなか良くならない。

下痢がおさまると、栄養状態も改善すると思うのだけれど…

ということで

今日も、動物病院へGO!

 

先日の検査では、寄生虫は、発見されなかったのだけれど

今日、検査すると、ごっそりと発見されてしまった。

どうやら――

寄生虫も活動できないくらいに衰弱した状態で保護されていて

先日は、見つからなかったものの

ちょっと猫の健康状態がよくなってきたことによって

寄生虫も活動できる状況になってしまった模様――

 

病院で駆虫剤を飲ませてもらって

帰宅したところ――

猫が嘔吐。

む む む

これでは、薬は、ほとんど効果がない?

再度、病院に行って

経皮薬(首の後ろにつける)をつけてもらい帰宅。

 

これで、お腹の調子が整うといいのだけど……。

 

※     ※     ※

 

ところで――

猫が嘔吐したものの中に

ゴムの切れ端(もしかして水風船?)やら、わけのわからないものが色々。

お腹が空いて、食べ物のにおいのするものは何でも食べてしまったのでしょうね。

今は、猫はまだ弱っていて、ほとんどの時間は、ケージの中にいますし

ケージから出る時には、人間がついていて

食べてはいけないものを口にすることはないけれど

元気になってきて、自由に動くようになったら

かなり、気をつけないといけないですね。

 

最初から、かなりな「女王様」っぷりを発揮していたナナは

ごはんも食べきるということがなかったですし

お腹が空いていても、自分の好みのごはんでない時には「食べない」という子でしたが

今度の子は、何でも口にしてしまうし

食べ残すということもできません。

食器さえ齧りかねないような食べ方をしています。

人間が、食事量にも気を配る必要があるようです。

猫、大脱走

  • 2017/09/29 22:25
  • カテゴリー:

猫用ケージにトイレと寝床をセットして

足元もおぼつかない状態だからと、天井部分は空けたままで買い物に行ったところ

1時間半ほどの留守の間に、猫は、ケージから大脱走!

え?!!

ええっ?!!

どうやって脱出したの??(そりゃ、天井部分しかない)

まっすぐに歩くこともできない状態で、柵を登ったの??(そこが、それこそが猫か)

外側には、転げ落ちたわけよね??(それ以外にない)

大丈夫なのか?(大丈夫でないと困る)

慌てて探すと――

カーペットに小さな水溜り。

なるほど、ケージに戻れなくなってて、トイレに行けないものね。仕方ない。

が。その水溜りの元が、いない。

家具の隙間にはさまっている??とか??

家電の配線(やたらと配線がある)に絡まっている??とか??

結局――

カーテンの陰に隠れているのを発見して、ほっと、一安心。

足元がふらついて、うまく歩けない状態でも、猫は猫。

ケージから脱走できるのでした。

ページ移動

ユーティリティ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

本日、980g
2017/10/22 11:21
親ばか
2017/10/19 13:31
『ゆう』です
2017/10/15 07:44
わかった、かもしれない
2017/10/11 08:24
人懐こい
2017/10/09 20:48

新着コメント

Re:『ゆう』です
2017/10/19 from TOMO
Re:『ゆう』です
2017/10/18 from 銀星
Re:わかった、かもしれない
2017/10/14 from TOMO
Re:わかった、かもしれない
2017/10/13 from 銀星
Re:はじめての爪とぎ
2017/10/09 from TOMO

Feed